JDカード

ドクターのステータスにふさわしい、お得で、便利なカード


医師協カードが生まれ変わりました

医師協カードの取扱いを開始しました

ご承知のとおり神戸医師協では1981年4月より 「KDCカード」 、1996年4月より 「KDC ・VISAカード」 へのご加入を組合員先生方におすすめし、ご利用いただいてまいりましたが、狭いエリア内に限定されていたため加入店の増加がみられず、先生方へのご案内も不十分だったことなどから、2011年6月末で取扱いを終了し、あらためて大阪府医師協などが全国的に展開している医師協カード事業に連携・参加することとなりました。
JDカードは通常のVISAカードとJDカードの二つの機能を併せ持つ 「スイッチカード」 であり、全国におよそ40万件あるVISAカード取扱店で通常のVISAカードとしてご使用いただけるばかりでなく、医師協がこれら取扱店の中から独自に加盟店契約を結んだところでは2%~20%の割引や還元、優待利用などの特典を受けることができます。
加盟店は現在、神戸・大阪を中心に約400店舗ありますが、今後一層、都道府県の組合との連携が進められ、このカード事業により得られるメリットは全国レベルで拡大していくものと期待されています。 カードはご利用枠の違いで一般カードとゴールドカードの2種類があります。また、医療機関の関連経費として決済する際に用いる法人用と、プライベートにご使用になる個人用の2枚をお一人で所有することが可能です。
会員は、本会員と家族会員で構成されます。
ぜひこの機会にJDカードへご加入くださいますようお願い申し上げます。

  1. 特長


通常は年会費が必要ですが医師協が負担するため無料または割安となります。
一般カード‥無料(家族会員も)
ゴールドカード‥初年度半額、2年目以降10,800円(家族は初年度・2年目以降も無料)

通常のカードより高額に設定されています。
一般カード 130万円
ゴールドカード 200万円

1枚で2枚分のカード「VISAカード」と「JAPAN DOCTOR'S CARD」として利用いただけます。

医療機関の決済口座名義に対応にした「法人カード」と、プライベートな口座名義に対応した 「個人カード」の2枚を所有することができます。(「法人カード」は個人事業主でも申込み可能)

  1. 加盟店一例(平成28年1月末現在)
  1. 決済方法

JDカード加盟店でのご利用代金は医師協から先生方への請求となり、一括引き落としされます。 それ以外の通常のVISAカード取扱店でのご利用代金はVISAから先生方へ請求されて直接決済。

  1. 入会申込

近日中にJDカード入会申込請求用紙を配布させていただきますので、入会ご希望の方は必用事項をご記入のうえFAX送信してください。あらてめて所定の入会申込書をご送付いたします。


JAPAN DOCTOR'S CARDに関するお問い合わせ、ご加入申込などのご連絡は
業務部開発推進課[電話078ー241ー8819 FAX078-242-5616]担当/ 川上へ。

ページのトップに戻る